シャーク大阪

大阪市の競技型少年サッカークラブ

                                                          

注目情報はこちら

平日9日(月)レポート 『月曜日活動しない理由』

平日活動 《結果&習得目的》に特化したトレーニングスクールになります。 名称も【シャークセレクトアカデミー】と変更し 選手登録の有無条件なくスクール参加可能です。
~・~  昨日実施した活動をレポート形式にて紹介  / 習得内容をセレクトしよう!  ~・~ 【シャークセレクトアカデミー】

 

7月9日(月)  タブーであります 月曜日活動 ~ 実施レポート~
先週の悪天候によるトレーニング不足(3日間中止)解消の為 追加活動として月曜日実施しました。

 

『なぜ?月曜日活動を推奨しないのか??』

シャーク活動 育成経験上 月曜日でのサッカーのかかわりを ゆるく禁止しています
主に 3つ理由があり 下記にて 紹介します。

 

【1】 疲労による体力回復
サッカーの中心活動は 主に土日になります。 中心選手ですと土日で6~10試合 特に炎天下での活動は疲労構築も多くどのような方法で 体力回復をするのか?? 試合でのストレスを軽減:どのタイミングで戻すのか??・・・重要なポイントであると考えます。内容のあるトレーニングを実施してもうまく休養(回復)しないと十分な成長できません。 身体的な成長も休養が重要。

 

【2】 平日の学校スタート曜日
小学校は主に月曜日スタートです。チーム管理の土日のサッカー中心の生活より、月曜日から金曜日の平日は学校(学業)中心の生活になります。 それぞれの家庭環境においても異なり、さまざまな環境が変化する曜日です。 生活のリズムが大きくかわっていくのが月曜日です。 タイミング的に少しサッカーから離れましょう! (逆にもっとサッカーの魅力も再確認できますし、サッカーがしたくなるよ)

 

【3】 怪我予防 (事故防止)
サッカー中、学校内、その他生活での 事故、怪我、体調不調 などは 精神的な【心のゆとり】に大きな影響があると考えてます。 例えば、試合中では怪我はしないのに、学校の体育やサッカーでは捻挫する。 平日十分なトレーニングを積んでないジュニアが急に週末に風邪をひく体調不良・・・といった具合です。 月曜日は生活環境、家庭環境(リズム)も一番変化ある曜日です。  運営的な理由など 地区【トレセン活動】は主に月曜日が多いですが、逆に怪我が多発したり、モチベーションがあがらず、悩むジュニアも多く・・・・残念!! その他 【サッカースクール】においても 会場都合で月曜日開催の場合も、非現実的。 ジュニアの成長:育成にはブレーキであると考えます。   

 

◆  17時20分~17時50分 / アップ目的の 移動型の3名グループによるリフティング 主に ドーナツ型の使用スペースにして移動しながらパスリフティングです。 曲がり方のパスコントロール、スペースへの移動、見方にあわせたスピード:より試合中の環境:状態 を意識しながらトレーニングしましょう!

 

17時55分~18時15分  /   ドリブルメニュー  攻め2名(各ボール保有からのスタート) DF側でプレッシャーのかけ方を選択できます・・・・ 攻めは フリーなのか? プレッシャーがあるのか? 相手はじらす目的なのか? 判断が必要です。

 

18時20分~19時05分 /   ゲーム形式 レギュラーメニューである 【1対1対1】 今回は 参加メンバー的に めずらしい組み合わせでしたので、リフレッシュした状態で実施ができました。  コートサイズ 40×40メートル ありますので、通常の8人制でのスペースより大きく使い、大きな動きの習得をめざしましょう。  他フットサルサイズでしか普段トレーニングしていないジュニアは サッカーでは 視野も狭く、動きも小さく良いプレーヤーにはなりません。

 

19時10分      ~ 終了 ~  参加ジュニアは新しいユニフォーム着用でがんばってました!

(監督/ 角川)

180705_0900~01

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Facebookでコメントする

Return Top